舞台撮影の超望遠レンズ新機材導入 ~宣材写真と舞台写真の撮影スタジオ Studio Lasp(ラスプ) 東京葛飾柴又

2019/09/08 ブログ
超望遠レンズ

舞台撮影には超望遠レンズを使用します。

Laspでは通常二人体制で、ライブハウスであれば一人がステージかぶりつき、もう一人が後方から。コンサートホールであれば一人が舞台袖、もう一人が後方の撮影室または客席最後列から撮影します。
後方からの撮影は200mm程度の望遠では足りず、400~600mmぐらいの超望遠レンズが必要になります。静音撮影ができるミラーレス機で600mmまでの望遠ズームというといくつか選択肢はありますが、最強兵器がこのソニーの200-600です。確かな解像度で画質が良いのはもちろん、絶妙な重心バランスで手持ち撮影もいけます。
舞台・ステージの望遠撮影はぜひ、Studio Laspにおまかせください!

 

 

 

 

**********************************


舞台写真の出張撮影
スタジオでの宣材写真・アー写・プロフィール写真撮影
は葛飾区柴又の隠れ家スタジオ
Studio Lasp (ラスプ)
におまかせください☆

Lasp (ラスプ) の Facebook ページ
https://www.facebook.com/laspstagephotography/

Lasp(ラスプ)の twitter
https://twitter.com/laspstagephoto

Lasp(ラスプ)のYouTube
https://www.youtube.com/channel/UC2tudSHMjyTKwjGaaGjsbrw

Lasp舞台写真マガジン
http://lasp.co.jp/magazine/